未分類

Go ahead

2016/12/15

Go aheadがあります。

Go aheadはどうぞ / やっていいよという意味があります。

go ahead
先へ進む、前進する
〔電話で〕お話しください
〔仕事などが〕はかどる、とんとん拍子で進む、万事うまくいく
先に行く、先に出る、先行する、先発する
進んで行う、取り掛かる、着手する、〔仕事を〕続ける、思い切って~する
《野球》〔点数が〕リードする、リードを奪う
〔待つのをやめて〕自分の思い通りにする

go-ahead
〈話〉〔開始や進行の〕許可、承認◆【同】green light
〈話〉進取の気性があること[人]
〈話〉進む、前進する
〈話〉《スポーツ》〔得点などが〕勝ち越しの
〈話〉進取の気性がある、積極的な

例:
go ahead along the line
規定方針通りに進む
go ahead and
遠慮なく~する、一歩踏み込んで~する、~に踏み切る、あえて~する、出しゃばって[頼んでもいないのに・差し出がましいことに・余計な世話を焼いて]~する
go ahead and buy
~を思い切って買う文例
go ahead and look for
行って~を探し出す

to happen; to be done
[Oxford Advanced Learner’s Dictionary]

proceed or be carried out.
[Concise Oxford Dictionary]

“Go ahead.”という表現には、「お先にどうぞ」という意味だけではなく、

相手から“May I?”「してもいい?」などと聞かれたときに、
「どうぞ」「やっていいよ」と答える場合に用いられたり、

「話を始めてください」と言う場合や、「それで」「その先は」などと
相手に話を促す場合にも用いられます。

そして、“Go ahead and +命令文”という形にすると、
「どうぞ~してください」「~していいよ」という意味になります。

“Go ahead and have a seat.”「どうぞお座りください」

“May I use this phone?”
「この電話をお借りしてもいいですか?」
“Sure, go ahead.”
「ええ、どうぞ」

以前にご紹介したafter you お先にどうぞにも近い意味があります。

活用してみましょう!

-未分類