未分類

Way to go

2017/08/15

Way to go には いいね!よくやった!という意味があります。

Q: 「いいぞ! / その調子! / よくやった!」

) Way to go!
→「よくやった!」

「Way to go!」は「Good job!」と同じ意味合いで、スポーツで良いプレーをした選手に対するかけ声として本来は使われていました。しかし、今ではスポーツに限らず、努力して目標を達成した人に対する褒め言葉・励まし言葉として使われています。またアメリカ人は、何か失敗を犯した人に対して「やってくれたね・・・」のように、皮肉った意味としても使う場合があります。

・Way to go! I’m proud of you!(よくやった!私も嬉しいです!)
・Way to go, Andrew. All that hard work paid off!(よくやったね。今までの努力が報われたんだよ!)
・You emailed everyone the wrong address? No wonder no one’s here. Way to go, buddy.(みんなに間違った住所をメールしんちゃう?通りで誰もおらんわけやわ・・・あ〜ぁ、やってもうたな。)
2) _____ is the way to go!
→「〜がするのがベストだ!」

方法や手段など、何かをすることがベストであると表す口語的な表現です。例えば、「冬は友達と集まって鍋パーティーするのがベストだ」は「Having a nabe party with your friends is the way to go in the winter.」になります。

この使い方をする場合は“way to go”前に必ず“the”を入れる。
“only”を加えて「The only way to go」とすることで、「それしかない」や「それに尽きる」といった強調した表現になる。
・Traveling while you’re young is the way to go.(若いときに旅行をするのがベストだね。)
・Buying Christmas gifts online is the way to go.(クリスマスプレゼントはネットで買うのがベストです。)
・Season the steak with a little salt and pepper. That’s the only way to go.(ステーキの味付けは少量の塩と胡椒に尽きるでしかし!)

A: “Way to go!”

Way to go! 「いいぞ! その調子! よくやった!」

(North American, informal) used to tell somebody that you are pleased
about something they have done
[Oxford Advanced Learner’s Dictionary]

(North American, informal)
used to express pleasure, approval, or excitement.
[Concise Oxford Dictionary]

“Way to go!”は、“That’s the way to go!”の
“That’s the”が省略されたもので、
「いいぞ!」「その調子!」「よくやった!」
「でかした!」「お見事!」「うまいぞ!」
という意味になります。

何かすばらしいことやすごいことをした人に対して、
「よくやったね!」と相手を褒めるときに用いられる表現ですね。

元は、スポーツ観戦で、応援しているチームが得点したときに「やったぁ!」
と喜びを表して、「いいぞ!」「よくやった!」と、
得点した選手やチームなどを褒める場合に用いられていましたが、
現在では、スポーツ以外の場合でも用いられるようになったわけです。

“Nice job!”や“Well done!”も同様の意味になりますね。

“I won the marathon!”
「マラソンで優勝したよ!」
“Way to go!”
「よくやったね!」

-未分類