未分類

Break a leg

2017/09/30

Break a legは、成功を祈るという意味があります。

※何らかのパフォーマンス(演劇、歌唱、ダンス、プレゼンテーションなど)をする人に対して、パフォーマンスを始める前に「成功を祈る。」という意味で使うフレーズです。
直訳すると「脚を折れ」ですが、これがGood luckと同様の意味になったのには,以下のような諸説があるようです。

説1:パフォーマンスを始める前に、Good luckと直接的な言い方をするのは縁起が悪いので(これはどうも日本人には理解しにくいことですが)、逆にその反対のひどいこと「脚を折れ」を言うようになった。
説2:「ばんばれ!」と励まされた人が頑張りすぎて、脚を折ったことから、「がんばれ!」の意味で使うことになった。
説3:パフォーマンスがうまく成功すると、舞台の最後に観客から求められ,脚を折り曲げておじぎをすることから、「脚を折れ」で「成功を祈る」の意味になった。
説4:パフォーマンスがうまく成功すると、観客から舞台にお金が投げ込まれ、それを拾い上げるのに脚を折り曲げることから、「脚を折れ」で「成功を祈る」の意味になった。

「英会話例文」
Mary: I'm so nervous. 「メアリー:とても緊張しているの.」
Lucy: Don't worry. Break a leg.「ルーシー:心配しないで.成功を祈っているわ.」

Q: 「頑張って! / 成功を祈るよ!」

A: “Break a leg!”

Break a leg! 「頑張って! 成功を祈るよ!」

(informal) used to wish somebody good luck
[Oxford Advanced Learner’s Dictionary]

“Break a leg!”は、直訳すると「脚を折れ!」という意味になってしまいますが、

実は、この表現は、これから何かパフォーマンス(演劇、演奏、歌唱、ダンス、
スピーチ、プレゼンテーションなど)をしようとしている人に対して、

「そのパフォーマンスが上手くいくように幸運を祈る」
という意味合いで用いられる表現で、
「頑張って!」「成功を祈るよ!」という意味になるんです。

“Good luck!” 「幸運を祈るよ!」「成功を祈るよ!」と同じような意味ですね。

舞台関係者の間では、公演の前に、出演者に向かって
“Good luck!”「幸運を祈るよ!」と言うと、
その逆の“bad luck”が起こるから、縁起が悪く不吉だという迷信があるそうです。

そこで、“Good luck!”の代わりに、“Break a leg!”「脚を折れ!」
と言うようになったと、一般的には言われています。

 

 

 

 

-未分類