未分類

What gives

2018/04/05

What gives は、いったいどうしたというんだという意味があります。

Q: 「一体どうしたんだ?」

A: “What gives?”

What gives? 「一体どうしたんだ? 何があったんだ?」

“What gives?”は、“What’s happening?” “What’s going on?”
と同様の意味で、驚きを表して、
「一体どうしたんだ?」「何があったんだ?」「どうなっているんだ?」
と聞く場合に用いられるカジュアルな表現ですね。

“What gives?”
「どうしたんだい?」
“I was cut off.”
「電話を切られちゃったんだ」

“What gives?”
「どうしたの?」
“It looks like someone has broken into my office.”
「誰かが僕の事務所に侵入したしたらしい」

「What gives?」

英語では、What happened? What went wrong? What’s theproblem?

「何が起こってるんだ?どうなってるんだ?」と言いたいときに使えます。

この解説をする前にこの件についてご紹介したいと思います。

日本語にないこの言い方は、高校生の文法でも英訳する時になかなか厄介なものの1つです。例文でご紹介しましょう。

What makes you think so?

直訳は、「何があなたをそう考えさせるのか?」になります。

使役動詞の make を使った make+目的語+原形動詞というものですね。

でも、馴染みのある日本語にすると;

「どうしてそう思うのよ?」

そうなんです、このパターンは英語ではよく使われますよ。こんなのものありますよ。

What took you so long?

直訳は、「何があなたにそんなに時間をかけさせたのかい?」意味わかんない!?

これは;

「なぜそんなに時間がかかったの?」

さて、本題に入りますよ。

「What gives?」はどうしたの?何があったの?という意味で使われます。

-未分類