未分類

Don’t be a stranger

2018/07/15

Don’t be a stranger. は、遠慮しないで、疎遠にならないで、いつでも大歓迎だよ という意味があります。

【ニュアンス解説】遠慮する必要はないから、と相手のことを受け入れている
気持ちを表すフレーズです。

【例文】

1.ホストファミリー宅での最終日

A. You are always welcome here. Don’t be a stranger, OK?
(いつでも大歓迎よ。遠慮しないで、分かった?)

B. Thank you. Please take care of yourself.
(ありがとうございます。どうぞお元気で。)

A. You, too. Bye.
(あなたもね。さようなら。)

2.残業続き

A. I haven’t slept much lately.
(最近あんまり寝てなくて。)

B. If you need help, call me anytime. Don’t be a stranger.
(助けが必要な時はいつでも電話して。遠慮はナシね。)

A. Thanks.
(ありがとう。)

Q: 「たまには連絡してね / 近いうちにまたね」

A: “Don’t be a stranger.”

Don’t be a stranger.
「たまには連絡してね、近いうちにまたね」
“Don’t be a stranger.”を直訳すると、
「見知らぬ人になるな」という意味になりますが、
そこから、「たまには連絡してね」「近いうちにまたね」「また会おうね」
「また来てね」などという意味合いで用いられます。

引越しなどで遠くに行ってしまう友人や、たまにしか会えない友人に対して、
「見知らぬ人になるな」⇒「これからも付き合いを続けていこうね」
という意味合いで用いられる口語的な表現ですね。

これと似たような表現で、“Keep in touch.”「また連絡してね」
という表現もありますね。

“Take care and don’t be a stranger.”
「じゃあね、たまには連絡してね。」
“Okay, see you later.”
「うん、じゃあね。」

-未分類